Otaka Image
Kiyomi Otaka Official Web Site
flawer
Top
Profile
Discography
Live Schedule
Live Report
Seminer
Photo
Casiopea 3rd

album&Video Books

Recording Report「Third Hand /Kiyomi Otaka」

1998年10月13〜14日(MITスタジオ)

2日間で9曲録音するという、コンポジラならではの過酷なレコーディングに「湯煙美女おるがな〜殺人事件スケジュール」と題し、挑みました。身長148cm しかないのにこれ以上縮んでしまったらどうしよう等とよけいな事を考える暇もなく、1曲1〜2テイクで、次から次へと録音が進みました。バンドのみなさん も本当にすばらしい演奏で、今までにない、オルガンサウンドのアルバムができました。
B-3でレコーディング中の大高。
今回は生足プレイはないのでベース鍵盤は 後ろに立てかけてある。
ギターの矢堀氏。
今回は4本のギターを持参し、safariのイントロでは4声を1本づつ録音するというまめな作業もしてもらいました。もちろんメセニー風の音色もリクエスト。GR-30で出しています。
ベースの岡田氏。
フレットレスなのにフレットがあるかのような音程で、今回もすきあらば・・・ という感じで治郎節が炸裂していました。

ドラムの木村氏。
今回もpearlのドラムセットでたたきまくり。 ほんとにスネアの音がきもちいい。
VSと葛藤中の木村万作氏。  
今回は万作氏自前のVS-1680が大活躍。 自宅でパーカッションを録音し、TDでMIXしました。 おかげで「safari」がかっちょい〜サウンドになりました。

エンジニアの小黒氏。
誰もが認める凄腕の持ち主だが、モニターにはテレビ、 手元には競馬新聞というセッティングも 誰もが認める・・・(?)。

左からコンポジラ草川氏、Bass岡田治郎氏、エンジニア小黒氏、 Organ大高、Guitar矢堀孝一氏、Drums木村万作氏


Copyright 1999-2015, uprize.jp. All rights reserved. Mail: Kiyomi@uprize.jp