Otaka Image
Kiyomi Otaka Official Web Site
flawer
Top
Profile
Discography
Live Schedule
Live Report
Seminer
Photo
Casiopea 3rd

album&Video Books

Recording Report 「Ambition /Kiyomi Otaka」

1999年11月20〜21日(MITスタジオ)

作ってしまいましたよ、2枚目。2日間で8曲レコーディングするというハードスケジュールはいつもの通り。今回はギターレスということで、基本はオルガン、ベース、ドラムのトリオ。しかもベーシストは水野正敏氏と岡田治郎氏の2人に参加してもらいました。ということで、水野氏と岡田氏のツインベースの曲もあれば、オルガンとドラムのデュオもあれば、水野氏ベースとのデュオもある。 盛りだくさんのオルガンアルバムができました。。。
1日目レコーディングメンバーでのショット。
左から、Bass水野正敏、Organ大高清美、Drums木村万作。
B-3を弾くオルガンの大高。
B-3&レスリー122はレンタルですが、非常に状態がよく、 いい音でした。
妖怪ベーシストの水野正敏氏。
大高とのDuoもあるのだ。水野サウンドは強力です(笑)。 おかげでめちゃかっこいい曲になりました 。

ドラムス&パーカッションの木村万作氏。
今回も炸裂しています。髪の毛の色も炸裂しています(笑)。 パーッションは全て 木村スタジオにてデジタルパフォーマーに入力。
超絶ベーシストの岡田治郎氏。
2日目に登場し、スカスカっと難しいリフを弾きまくっていました。流石です(笑)。

手前がB-3で奥にあるのがいつもライブで使っているVK-77。
今回はB-3メインですが、Vk77とレスリーを繋いで弾いた曲もあります。見分けがつかないくらい本当に良い音でした。 VK恐るべし。

Duoを録っている最中のDrum木村氏とOrgan大高。
ベースはB-3のフルベースを使い、評判の良い(?) 生足プレイです(笑)。
TREK。
これはプリアンプです。 レスリーの回転もこのTREKのスイッチ(暗くてわかりずらい けど、上部真ん中にある)で切り替えていました。
手前からエンジニアの唐沢氏、エンジニアアシスタントの浅和氏。
オルガンの音が良いのも彼の腕のおかげなのです。

1st Albumではギターを弾いてくれましたが、今回はプロデュース&マニピュレーターに専念の 矢堀孝一氏。
曲も2曲(ちょ〜、くそむず・・)提供してくれました。
(株)コンポジラの草川氏。
彼のおかげでアルバムが作れるのです。


Copyright 1999-2015, uprize.jp. All rights reserved. Mail: Kiyomi@uprize.jp